特定健診・特定保健指導について

40歳以上74歳までの人を対象に、メタボリックシンドローム(内蔵脂肪症候群)に着目した健診(特定健康診査)を受けていただき、 その結果、生活習慣病の発症のリスクがあり、生活習慣の改善により生活習慣病の予防効果が多く期待できる方に対して、 生活習慣を見直す保健指導(特定保健指導)を実施するものです。

注釈 詳細は、厚生労働省「平成20年4月から特定健康診査・特定保健指導が始まりました!」をご覧ください。

PDFファイル(外部リンク:別ウインドウ表示)

「生活習慣病」とは

生活習慣の変化等により、糖尿病、高血圧症などの生活習慣病が増加してきています。

加齢や遺伝的な要因もありますが、偏った食生活や運動不足、過度の飲酒、喫煙、 ストレスなどの長期間にわたる不健康な生活習慣が原因となる病気を、生活習慣病といい、 高血圧症・高脂血症・糖尿病のほかに脳卒中、狭心症や心筋梗塞などの心臓病、がんなどがこれにあたります。

生活習慣病は、内臓脂肪の蓄積が原因となっていることが多く、肥満に加えて、高血糖、 高血圧といった状態が重複した場合には、脳血管疾患などの発症リスクが高くなります。

詳しくは、いきいき健康ライフへ
いきいき健康ライフへのリンク

特定健診を受けていただくには?

国民健康保険の方
ほぼ従来までの住民健診と同じ方法で受けることができます。
健診の結果により、必要な方には、特定保健指導のご案内が届きます。
注釈 詳しくは、お住まいの市町村にご確認ください。
市町村国保の特定健診情報についてへのリンク
サラリーマンの方(本人)
職場での健康診断を受けていただくことで、特定健診を受けたことになります。
健診の結果により、ご加入の医療保険の保険者から必要な方には特定保健指導のご案内が届きます。
サラリーマンの扶養家族となっている配偶者等の方
ご加入の医療保険の保険者が契約(委託)する健診機関等(医療機関等)で受けることができます。
健診の結果により、サラリーマンご本人と同じく、必要な方には特定保健指導のご案内が届きます。

注釈 詳しくは、ご加入の医療保険者にお問い合わせください。

特定健診を毎年受けましょう!!

健診結果はデータ化され、長期保存されます。
自身の健康状態が確認できます。
保健指導に重点がおかれます。
健診の結果により、現在の健康状態にあった生活習慣等に関する情報の提供や改善のためのアドバイス等の支援が受けられます。
メタボリックシンドローム対策が基本です。
糖尿病や心臓病・脳卒中等を予防し、いつまでも健やかな生活を送ることにつながります。
一般の皆さんへ
保険医療機関(保険薬局)の皆さんへ
介護保険事業者の皆さんへ
障がい福祉サービス事業者の皆さんへ

PDFファイルをご覧いただくためには、閲覧ソフトが必要です。
下記バナーリンク先よりダウンロードしてお手持ちのパソコンにインストールしてください。(外部リンクです。)
アドビリーダーのダウンロードページへのリンク

このページの一番上へのリンク